作業者

現状復帰(原状復帰)の範囲について知る|退去時のトラブルを回避

原状と現状の違い

作業者

原状回復と現状回復、それぞれの言葉混同されがちですが、その意味は大きく異なります。不動産賃貸において、一般的には原状回復が正しい言葉となりますので、原状回復という表現・意味で覚えておきましょう。

詳細を読む

経年劣化による損耗

空室

現状復帰工事というのは、賃貸マンションやアパートの一室を退去する時にその部屋を入居前の状態に戻す工事であると思われがちです。しかし、入居前の状態に戻すとなると、壁や床、設備類を全て新品にしなければなりません。それでは、賃借人は高額の修理費を負担することになってしまうでしょう。ただ、本当の意味を知らない人からすると、そういった意味に捉えてしまっても仕方ありません。数多くの賃貸マンションやアパートの管理業者・オーナーの中には、入居者が具体的な内容を知らないことを良いことに「現状復帰」という言葉を突き付けてその修理費用を全額入居者に負担させようとする業者・オーナーも少なくありません。もし、自身が損をしたくないと考えているのであれば、現状復帰工事の意味についてよく理解することをお勧めします。

現状復帰工事では、借りていた部屋を完璧に入居前に状態に戻す必要はありません。賃借人が原状復帰工事として費用を負担すべき範囲というのは、入居時の生活の中で賃借人の故意・管理不足・不適切な使用による損耗・毀損したものになります。例えば、経年劣化によって発生する損耗や毀損の場合、それは賃借人が負担すべき現状復帰工事の範囲には含まれません。経年劣化というのは、入居者がどういった生活を送ったとしても避けることのできない現象です。このように、損耗や毀損が発生している範囲であっても、賃借人が負担すべき現状復帰工事の範囲に入らないものもあります。賃貸マンションやアパートを退去する時には、そういた範囲まで押し付けられないよう注意しましょう。

問い合わせから着工まで

工具

原状回復工事を行なう必要があるのであれば、施工業者への問い合わせから着工までの流れについて知っておくことをお勧めします。その流れを知ることで、押さえるべきポイントを把握することができるでしょう。

詳細を読む

負担すべき範囲

空き部屋

原状回復工事で賃借人が負担すべき範囲というのは、賃借人の不注意や故意・善管注意義務違反・通常使用を超える使用方法等によって生じた損耗及び毀損した範囲になります。

詳細を読む